愛知と言えば、身近な銀行『愛知銀行』

愛知銀行としのぎあうライバル金融機関

愛知銀行は名古屋市内を中心として多くの支店や営業所を設けていますが、第二地方銀行であることもあり、都市銀行や他の地方銀行と比べてみると、資産力の差はいかんともしがたい状況です。実際に愛知銀行を取り巻くライバル金融機関は、かなり多くなっていて、愛知県内はまさに銀行激戦区と言える状態です。

愛知銀行のライバルと言えば、立ちはだかるのはメガバンクや都市銀行です。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクは、名古屋市内を中心に支店や営業所を構えるなど、積極的に顧客獲得を行っています。また資産力を生かして住宅ローンや企業向け融資を行っていることもあり、営業エリアが重複する愛知銀行にとっては非常に強大なライバルが、それもたくさん存在しているという状態になっています。

また、同じ第二地方銀行でもある名古屋銀行や中京銀行とも営業エリアが重複していますし、隣県である岐阜県の地方銀行である十六銀行も名古屋市内を中心に営業所や支店を構えるようになるなど、特に名古屋市内においては様々な金融機関が立ち並び、顧客の奪い合いを行っている状態です。

そんな状態の中、愛知銀行では隣県である岐阜県南部や静岡県、三重県への支店設置を行うなど、営業エリアの拡大を図る戦略にも取り組んでいます。織田信長徳川家康がこの様子を見れば、まさに「戦国時代」と呼ぶであろう、そのようなライバル金融機関同士の争いは、今後も継続していくことでしょう。