愛知と言えば、身近な銀行『愛知銀行』

今の愛知銀行ができるまで

愛知銀行は、愛知県名古屋市に本店を置く第二地方銀行の1つです。最初の起こりは、明治43年にできた日本貯蓄興行株式会社がルーツとなっています。当時は富豪がこぞって銀行を作り、金融業に乗り出している時代でもあったのです。

その後、法律が設けられて「無尽会社」という形で金融業を行うことが許されていましたが、その後無尽会社間の競争も激しくなっていきました。そして太平洋戦争の最中には、無尽会社間の合併も国が強制して行われていましたが、中央無尽会社として戦争中も営業を続けました。戦後の昭和26年には相互銀行に転換し、中央相互銀行という名前となり、昭和の末ごろまで営業していました。

そして平成元年の法律改正により、普通銀行に転換することとなり、名称も「愛知銀行」という現在の名称に改めました。また、愛知銀行の他にも名古屋銀行や中京銀行などが同時期に普通銀行に転換しました。これらの銀行以外にも、三井住友銀行などに代表されるメガバンクなどの支店が置かれるなど、名古屋市内は金融機関同士のライバル争いが非常に白熱しているので、愛知銀行も顧客獲得のために様々なサービスを行ってがんばっています。

愛知銀行は、主に愛知県内をエリアとして営業しています。そもそも愛知県は中京地区の政治経済の中心地であり、顧客となり得る企業も多いのですが、有志を行うとなればやはり資産力がモノを言うこともあって、愛知銀行だけの資産力だけでは非常に弱いです。そのこともあって愛知銀行ではメガバンクの雄である三菱東京UFJ銀行の資本参加を受けるなど、提携によって資産力を強化し、ローン商品などの拡充を図り、顧客の獲得を目指しているのです。